全社経営ダッシュボードを2か月で構築!分析基盤構築における取捨選択とスモールスタートからの成長ポイント

日清食品ホールディングス様は、グローバルで各事業会社の共通情報をタイムリーに共有でき、かつ、柔軟で多彩な分析も行えるIT基盤を2か月で構築しました。この短期間の導入に向けて、いかに製品選定を行い、どのように導入基礎基盤を選択し、その後、日清食品グループ22事業会社、数百名以上のユーザーに利用されるまで浸透できたシナリオをご紹介します。

萩原 裕朗 氏

日清食品ホールディングス株式会社
経営企画部 係長

萩原 裕朗 氏

2003年4月入社後、財務部に所属し、固定資産、単体決算、法人税等を担当。その後、経営企画部にて子会社である事業会社のサポート、全社予算策定、中期経営計画策定などに関わる。企業の業績管理分野においてミクロからマクロ、実績から計画と網羅的に担当。今回のシステム構築においては、その中心としてプロジェクトを牽引してきた。